パブリック・ミーティング7/22終了!

7月22日に開催されたパブリック・ミーティング。

前日に北海道新聞の「地域の話題」にも取り上げていただき、約60名のお客様にご来場いただきました。

最初にご登壇いただいたのは、加藤種男さん。


前日21日に視察していたポンアヨロ川の河口やアフンルパルなどに触れ、白老に息づくアイヌ文化やアートプロジェクトの必須条件など、いろいろなお話をしていただきました。

「市民の意図を超えて、”こおいうのが欲しかった”と言わしめる」プロジェクト。目標ですね。

次は蔭山ヅルさん。


ご自身がバックパックでアフリカまで旅した時のエピソードに触れながら、「共生の方法」について、「個々人のつながりが大事。自分の隣にいる人と、どう向き合うかということを考える」と話してくださいました。

次は大澤寅雄さん。


ご自身が暮らす糸島にあるAIR(アーティスト・イン・レジデンス=アーティストを一定期間滞在させ、作品制作や調査などをしてもらう取り組み)のことを紹介し、生態系(地域)とビオトープ(AIR拠点)という観点でお話してくださいました。

「生物多様性が確保されているほど変化に耐えられる」という言葉に照らし合わせ、文化多様性の大切さを考える時間となりました。

1部の最後は、ウイマム文化芸術プロジェクトの事務局長も務める柴田尚から、AIRについての紹介を。


8〜9月にかけて、白老でもAIRプログラムが実施されます。9月に展覧会を開催予定なので、成果をぜひご覧いただければと思います。

休憩を挟んで、2部の冒頭はウイマム文化芸術プロジェクトのディレクター木野がプロジェクトを紹介。


その後の意見交換では、ゲストの方々に加えて来場者の方々からも、ご自身がどんな活動を白老でされているか、今後どんなことを期待するかなど話していただきました。

次年度に向けた仲間づくり、どこに重点を置いてプログラムを構成するかなど、多くのことを考える良い時間になりました。ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

第2回は、9月16日(飛生芸術祭2018最終日)の14:00〜17:00に飛生アートコミュニティー 体育館で開催です。

※詳細はこちらをご覧ください。


0コメント

  • 1000 / 1000